★モリマンティスこと爆食い社長のブログ★

食欲の四季をモットーに爆食いデブリデイ

天空の足湯がある『丸沼高原スキー場』で4kmのロングラン

こんにちわ!
モリマンティスこと爆食い社長です!!

もう少しで年末ですね!

年末を過ぎると
スキースノボーのハイシーズン
がやってきますね!

リゾート地で働くならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!


スノボーが趣味の爆食い社長としては
楽しみな季節がやってきました!!

いつも行くスキー場は、
新潟・長野・群馬です!

埼玉から車で2~3時間のスキー場ですね!

色々あるスキー場の
実際に爆食い社長が行って感じた
メリット・デメリットなんかを記事にしていきます!!

車で行くかたは、事故・スリップには気を付けましょう!



さて本題!!

今回は群馬県のスキーです!

 asiyu.jpg

※写真は、頂上付近にある天空の足湯という足湯です!

『丸沼高原スキー場』

丸沼高原スキー場へのアクセスは、
東京方面からの場合は、
沼田ICで下車して下道で向かいます。

練馬ICから2時間半ぐらいですね。

丸沼高原スキー場の

★メリット★

・最長4kmのロングランコース
・頂上まで1本で行ける日光白根山ロープウェイ
・初心者~上級者まで楽しめる
・営業期間が長い(~5月上旬)


★デメリット★
・沼田ICからの下道が遠い(約50分)


ここの何が1番気に入ってるかとゆうと
頂上まで一気に行けるロープウェイです!!

ゲレンデで一番疲れるのってリフトの乗り継ぎですよね?
足も疲れるし時間もかかるし・・・
頂上に到着する時にはすでに疲れてるって事があります💦

koko.jpg

でも丸沼高原スキー場は大丈夫!!
一気に山頂まで行き
4kmのロングライドが楽しめます!

現在はまだ積雪も足りない為、
全コースオープンはもう少し先ですけど

ハイシーズンには是非とも行ってみてください!!

いくつものゲレンデでスノボーをやってますので
他のオススメゲレンデも次回投稿しますね!

読んで頂きありがとうございます、
最後に応援クリックを頂けると励みになりますm(__)m
にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村




ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/12/16(金) 12:30:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足裏ウイルス性イボの下のできものがヤバい!

こんにちわ!
モリマンティスこと爆食い社長です。

爆食い社長らしくグルメについて熱く語りたいんですが
今回も前回の続きで雑記です。

今日は、
ウイルス性イボとの激闘450日のしめくくりについて話します。

イボが完治した写真がこちら!
vv.jpg 
まだタコが残っています。

前回最後に仕事関係の人から教えてもらった
病院に通うとこまで話しました。

前回の記事はこちら

では、続きを!

今回の病院は、
千葉県の松戸市にある病院です。

ネットで色々調べていた僕は、
ウイルス性イボの治療は皮膚科が主ですけど、

形成外科
も対象とゆうことがわかり

この病院では、
予約なしで初診が受けれる
形成外科に行きました。

初診では、
まずこれまでの経緯を説明しました。

でいざ足裏を見せると

医者 『いやぁパンパンに腫れてるね、よくこんななるまで耐えたね』

と言いました。

耐えるもなにも今までの病院でなにも調べられてないし
処置されてないだけです

医者
ちょっとひと針刺すよ?ちょっと我慢してね、痛いよ

僕 『えっ?💦』

急に針って言われてビックリしましたw
病院あるあるで
医者がちょっと痛いよって言う時って結構いたいですよね?w


この医者は
この腫れがなんなのか見てすぐに判断したわけですね、
で針を刺すと
あるものがでてきました。

です。

医者 『やっぱそうだ、これは膿がパンパンにたまっちゃってるね、粉瘤だね』

『粉瘤ですか?』

僕は粉瘤の存在と名前ぐらいは知っていました。
どうやら膿が化膿して痛みが発生してるみたいです。


医者
『結構痛いけどいま頑張れば普通に歩けるようになるけどどうする?』

僕 『・・・
もちろんお願いします💦』

医者
『よしじゃあ頑張って、いくよ』

・・・・・・
うおーー💦
痛い痛い痛いいってー

僕は今まで声を我慢出来ないほどの痛みは、
病院で中学生の時の脊髄の検査注射以来
一回もなかったんですけど、
今回のほうが遥かにやばかった💦

もう耐えれないぐらいの超激痛。

メチャメチャ汗をかき、ひたすら激痛に耐えました。


そして処置が終わり
落ち着くまで10分ほど休憩してから説明をうけました。

説明によると
イボの下に粉瘤ができていると。

粉瘤とは、
袋のようなものができてしまい、
そこに膿とかあかがたまって腫れてしまうものです。

で僕の場合は、その膿が悪化して痛みを伴っていたと。

針を刺したあと、
膿を出しやすくするために皮膚を四角く切ったようです。

それがあの激痛の訳だったんですね。


とりあえず応急処置だけど、
これで普通に歩けるようにはなるよって。

まず普通に歩けないとイボ治療は出来ないよねって。

1番の僕の困ってる膨らみの事を対処してくれたわけです。
そしてもう一言。

本当は、麻酔してやるような事を急にしちゃってごめんねってw

ただこんな腫れてるのを次きたとき手術しましょう
ってのはねーつらいよね、このまま帰らす訳にはいかないとおもってさ。
麻酔しないで切っちゃったよね!!
ってw

そりゃあ痛いわけです!w

でも今までの医者とは全然違い、
説明も丁寧だし、
なにより僕が本当にどうにかしてほしいことにたいして
真剣に聞いてくれたし説明してくれました。

痛み止めや傷跡にぬる軟膏をもらい、
この日は、帰りました。

もちろん包帯ぐるぐるなので歩く事も大変でした。
で数日後傷跡の具合をみせに再度病院へ。
傷跡も良好だし、
なによりだんだん膨らみが小さくなっていったんです。

自分でも患部をおすと
膿をだすことができ、いずれ膨らみはほぼなくなりました。
結果普通に歩けるし、走る事もできるようになりました。

この病院でウイルス性イボの治療もお願いし、通院しました。
通院回数は今年の5月~12月までで計15回

治療法は、液体窒素です。

この医者は、
ちゃんと最初に患部を削りその後に液体窒素を綿棒でおしあててました。

しかも丁寧に何回も何回もおしあててました。

そうすると通うたびに次第にイボも小さくなり、
飛び火することもなくどんどんよくなっていきました。

そして今ではイボはありません!
ウイルス性イボは、
完全に撃退できました。

粉瘤の袋は、
手術でとるしか完治はないんですけど、
膿がたまって悪さしない限りは全く普通に生活できるし
なんの問題もないんですね。

だからまた溜まったりどうしようもないときに粉瘤は取ろうってことになっています。

本当この病院に出会えなかったら、
今の先生に出会えなかったら、
むしろ最初からここに来れてれば、、、

3つも病院に通い、
期間でゆうと約450日間。
本当にウイルス性イボってのは、
厄介なもんです。

人にうつることは、少ないみたいだけど
自分の中で簡単にうつるとゆうのが特徴です。

だからこそこまめに通院して治療しないと治らない。
でも病院、医者を間違えるともともこもないですね。

1番いい治療法は、
いい病院、信頼できる医者に出会うことだとおもいました

最後にこの僕のウイルス性イボを直してくれた病院を紹介しますね。
千葉県松戸市の松戸駅にある
新東京クリニックです。

ここの形成外科で治りました。
ウイルス性イボで悩んでる方のためになればと思っています。

読んで頂きありがとうございます、
最後に応援クリックを頂けると励みになりますm(__)m
にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/12/13(火) 12:46:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウイルス性イボで病院を3ヶ所も変えた理由とは?

こんにちわ!
モリマンティスこと爆食い社長です!

今回も前回に引き続き雑記の続きになります。
前回の記事はこちら

足裏のウイルス性イボの治療で
地元の皮膚科に通い
治る事なく

千葉県柏市の大学病院
通い始めるところまでが前回の話でした。


では早速続きを!

この大学病院でも皮膚科を受診しました。

ここも凄く並んでいて、
毎回~2時間は、
待ちました。

そしていざ紹介状を初診で渡して

まずこれまでの皮膚科での治療と経過を説明!

そして診察で
この病院での治療法を説明されました。

液体窒素療法漢方薬の服用といわれました。

液体窒素は、
イボ治療によく行われる1番多い治療法です。

漢方薬は、
ヨクイニンエキスとゆう漢方を
飲むとゆうもの。

医者は、こう言いました。

イボを液体窒素で完治してから
下の膨らみを調べて治していくと。

つまりこの膨らみの治療が開始できるのが
何ヶ月も後との説明でした💦

正直この時には、
膨らみは結構腫れていて普通に歩くには困難。

地面に患部が触れただけで痛いぐらい悪化しており、
患部を浮かして歩くとゆう変な歩きかたをしてました。


それなのに
イボが完治してからでないと何もできないといわれました、

そして液体窒素を初体験しました、

冷たいとゆうか熱いとゆうか
痛みはもちろんあるんですけど、
治療から1時間後とかが1番ヒリヒリ、チクチクした感じで痛かったです。

そして週に1回のペースで通院しました。

この病院での通院は、計6回

結果からいうと何の変化もなし、

どころか
中学生ぶりの物凄い激痛を味わうことになりました。

この病院、
5回目まで毎回担当医が違くて
毎回一から説明をしました。

まずその時点で僕は不信感とゆうか、
面倒を感じてました。

カルテちゃんと見てよ!と思いましたが

まあそれは、
見てもらうわけだから特に文句も言わずにいました。

そして担当医によって治療の仕方も微妙にちがいました。

液体窒素をスプレータイプ
直接イボにスプレーするタイプと、

大きい綿棒に液体窒素をつけてイボにあてるタイプ
そして液体窒素を長い間あてる医者や短くあてる医者、

長くなるのでまとめると、

僕もその頃あまりにもよくならないから色々調べていました。

普通イボ治療は、
表面を削って液体窒素をあてるとネットでもかいてありました。

でもこの病院では、
5回目まで一回も削られなかった。

なので液体窒素も実際ウイルスまで届いているのか?って感じで
ネットで書いてあるほど痛くなく
本当に効いてるのか?って感じでした。

この病院で診察のたびに違う医者にも関わらず
ある一言だけは、みな同じ事を言ってきた。

医者 『ヨクイニンはまだある?』

『あまり飲んでないのでまだあります。』

医者『
だめだよヨクイニン飲まないから変わらないんだよ!』


と言われました。

実際ヨクイニンエキスを飲んでよくなったって例も聞きましたけど、
あまり信用してなかった僕はそんな飲んでなかったんです。

そんな中、
通院してる間に足の膨らみは、
さらにひどくなり
普通に歩いた場合患部が1番最初に地面にあたるほど、
でかくなってました。

しかも腫れてるのでかなりの痛みがあり
このときにはビッコ引いて歩いてました。

歩くのも大変だし、
靴をはくことも出来なくなってました。

そこで6回目の通院の時に受付で
歩けないぐらい腫れてるといったら
いつもなら
2時間ぐらい待ちそうな混雑の中
その日はスグに別室に呼ばれました。

この6回目の担当医と確か3回目の時の担当医は同じ医者です。

正直1番信用できないとゆうか、
物凄く若い医者で説明も曖昧だし、

治療のしかたも他の医者より雑とゆうか
なんとゆうか、、、


僕はこの医者に今回会ったとき
不安を感じました。

そしてこの6回目の治療が
本当に最悪でした。

医者 『ちょっと削ろうか』
 

・・・なにかに触れるだけで痛いのに、削る?💦

しかもなんの説明もなしにですよ?

結局言われるがままにうつ伏せになり
腫れてる患部を削りはじめました、

当然物凄い激痛で出血も結構しました。

これで楽になるからと言われ耐えました。

10分ぐらいで治療を終え帰る時には、
激痛で立ってられないぐらいでした。

なので松葉杖を借りて帰る事になったんですが、
駐車場に戻っても患部は、
右足の指の付け根にあるため

なにかに触れた瞬間
激痛を感じるぐらい痛くなってて、
運転もできませんでした。

3時間ほど車で休み痛みに耐えながら病院を後にしました。

それから数日間松葉杖で生活をしました。

足を見るといつも腫れた患部が当たらないように
指とかかとで歩いてたためか足の形?
がなんか少し曲がったような感覚で
別の部分も痛みがありました。

結局6回目の治療のとき膨らみにかんしては、
イボは増殖がすごいから
イボが中で増えて腫れてるんだよと言われました、
液体窒素を繰り返すしかないと。

それともうひとつ。
ヨクイニンは飲んでる?って。

いま僕は、
普通に歩けないぐらい腫れて
困ってるのにイボをけずって液体窒素をやって
治らないと腫れはなにも出来ない。

でも6回通ってる間に腫れは、
かなり悪化しました。

なのにこの医者の説明は、
イボが中で増えて腫れてるからしょうがないと。。。

この6回目の治療後もよくなることはなく
数日後も痛みと腫れはヒドく
右足だけサンダルで生活をしてました。

そんなとき仕事関係の人(今後Aさんといいます)と
たまたま足裏のイボについて話をしてたとき、


Aさん
 どこの病院行ってるんですか?

僕  
柏市の◯◯病院。

Aさん  ◯◯ですか、あそこはわたしも前通院したことがあったんだけど、
    毎回担当医も違うし全くよくならなかったんです。

  えっ?何科ですか?

Aさん  皮膚科です。

  一緒ですね、でどうなりました?

Aさん  結局よくならず自分で調べて違う病院にいきました、
    そしたらスグこれは手術って言われて手術して治りましたよ。

 えー?手術って柏の病院じゃ言われてないんですか?

Aさん  柏では表面の患部だけ治療してるかんじで何も変わらず
    手術なんて説明はなかったです。

    で違う病院いったらすぐ治っちゃって。
    この病院行ってみたらどうですか?
    予約制だから待ち時間も少ないし、すごいよかったですよ

僕   なんて病院ですか?

 でこの病院名を聞きました。


調べると予約なしでも紹介状なしでも行けることがわかり
早速後日行きました。

この病院を最後に
僕のイボ治療が劇的に良い方に改善されていきました。

この病院は、
すごく担当医もよく親切で
そして対処が的確でした。

3つの皮膚科と病院に通い
やっといい病院、いい先生に出会えたかんじです

長くなったので続きはまた後日書きます。

次の記事でこの出会えた病院名は、書きますね。

読んで頂きありがとうございます、
最後に応援クリックを頂けると励みになりますm(__)m
にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/12/12(月) 17:52:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウイルス性イボで病院に不信感を抱いた理由とは?

こんにちわ!
モリマンティスこと爆食い社長です!!



前回の雑記の続きになります!


前回の記事がこちら

    ⇩⇩⇩
閲覧注意】ウイルス性イボとの激闘450日間



前回の投稿で

地元の人気皮膚科に通ってることを書きました。

通院回数17回!!


そして結論を先に・・・

違う大きな大学病院に紹介状を書かれ移動になりました。




肝心の症状はというと

治療を重ねるたびに出血と痛みに耐えながら

毎回2時間は待たされる事にも耐えながら

頑張って

1週間~2週間に1回のペースで通院しました。



その結果が他の病院に行ってくれ・・・・・



イボ自体は、

小さくなったりはしたんですが



ウイルス性いぼの一番厄介なのが

すぐに増殖・飛び火を繰り返します💦


結果あまり改善されず・・・

それどころか

イボの下になんだか膨らみが出来ちゃったんです



この膨らみが一番僕を苦しめました。

皮膚科では、

膨らみを見てこういいました。



医者【なんか下に出来ちゃったね、これは原因よくわからないし取らないとかもしれない】


【取る?手術って事ですか?イボとは関係ないんですか?】



医者【ん~よくわからないけどうちの病院は手術もしてないし検査も出来ないから、分からない】

【・・・?】



医者【大きい大学病院紹介するから、この病院でいい?】

【・・・はい】



医者
【じゃあ紹介状書いておくねー、

   あっこの膨らみガンとかではないからねえ、 アハハ www】

【はい(怒)】



で、結局後日紹介状を受け取りこの皮膚科をあとにしました。



手術を対応してないって事はしょうがないことだけど

見た目でも原因わからない、

そして17回通院して改善どころか悪化!!!


そして紹介状を書いたことによる会計の追加料金。


最悪の展開です。

なんでこの皮膚科が2時間も待つほど人気なのか

全く理解が出来ませんでした、

17回も通院して気づいた僕も

いけないんですけどね💦


今後2度とこの皮膚科には行きません!!!



で、それから数日後・・・

紹介状の通り

車で自宅から50分ぐらいの

千葉県柏市にある

大きい病院の皮膚科に通い始めました。



大きい病院だし外装・内装とドラマで使われてるんじゃないかって

思わせる様な建物で

ここなら治るな!!

って直感で感じました。



・・・・でも



この病院に行ったことが

本当に最悪・間違いでした・・・



完全に無駄な時間・無駄な出費・無駄な治療

始まりだったんです・・・

月日でいうと

今年の1月~2月で

通院回数6回💦



その理由は、

長くなるのでまた明日つづき書きます!!

読んで頂きありがとうございます、
最後に応援クリックを頂けると励みになりますm(__)m
にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村







このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/12/11(日) 11:42:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【閲覧注意】ウイルス性イボとの激闘450日間

こんにちわ!
モリマンティスこと爆食い社長です!!

今回は、
いつものグルメ爆食い情報ではなく・・・
雑記です!!

実は、
わたくし爆食い社長・・・

昨年2015年の9月頭から今年2016年の11月まで

ある病気?というのか
怪我?というのか

通院しておりました。

その日数、約450日間💦

病院行った回数、38回💦💦

いやー大変でした

ちょうどいまは、
年末ってこともあり

今年は病院よく行ったなあーと
思い返しながら

領収書・レシートをすべて保管していたので
数えてみました💦

その病気とは・・・

《※写真にはグロ画像を含みますので見たくない方は、気を付けてください💦》




v.jpg  

【ウイルス性イボ】です!!

文字通りウイルスが原因で発生するイボです。

正式には尋常性疣贅・ウイルス性疣贅といいます。
(疣贅(ゆうぜい))

写真は、
2015年の9月の頭に初診した時の写真です。

小さいポツポツみたいの・・・
これがウイルス性イボです!!

この状態になるまで放置しちゃったわけですね。


最初は、
魚の目かなあって思うぐらい小さく
気にもしてませんでした・・・

マメ・タコ・魚の目になる前の足裏用保湿ケアパック


そして少し大きくなったかなあってときに

薬局で市販の『イボコロリ』を購入して
治そうとしました。

でもまったくよくならない・・・
どころか日に日に悪化していきました💦


それが
まさか450日間の戦いになるなんて
思ってもいませんでした💦💦

初診は、
地元ではかなり有名な皮膚科に行きました。

いつも平気で2時間待ち。

土曜日なんかは3時間近く
待ったこともあるぐらいの
人気の皮膚科です。

初診で僕の足裏をみた医者がすぐにこう言いました。


医者『ウイルス性イボだね、これは時間かかるかもな~』

 僕
『・・・どのくらいの期間ですか?』

医者んー週1か・2週間に1回通って3ヵ月ぐらいかなあ

『そんなかかるんですか💦わかりました💦』

ってな会話でした。


で、早速治療方法の説明と治療開始!

次に来院するまでに『スピール膏』という
シールみたいのを
患部に3日間ほど貼って過ごしそのまま来院する。

スピール膏とは、
皮膚を壊死させて皮膚を柔らかくふやけさせます。


ふやけた跡がこちら
vvv.jpg 
かなり見た目やばいですよね💦

そしてこの白くふやけた所を
カッター?カミソリみたいので
削っていきます。

そして削ったところに
液体の薬?を綿棒でグリグリ塗られます。

削ると出血もしょっちゅうだし
(いぼは出血しやすいみたいです)

この最後に塗る薬・・・

日にもよりましたけど

基本的に痛いです

しかも半日ぐらいチクチクした様な痛みが続きました。

この治療方法でこの皮膚科に
昨年9月~今年の2月まで
計17回通院しました・・・

実はこっからが大変な道のりだったんです・・・・

有名で大人気・大混雑必至の皮膚科なのに

僕は、この皮膚科にはもう2度と行くつもりはありません

その理由は・・

長くなりますので続きはまた明日書きます!

読んで頂きありがとうございます、
最後に応援クリックを頂けると励みになりますm(__)m
にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/12/10(土) 12:30:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad